<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
かたいです


佐渡へ旅行に行くという父に
頼むからこれだけは買って来てください
とメモを渡して買って来てもらった“かりんとう”

けっこうどこでも売っていたらしいのですが
値段がまちまちでホテルの売店が一番安かったのだそう
(へーそうなんですか…)

これ何だか前よりもますますかたくなっているような気がします
歯の弱い方は食べられません
ちなみに売店で試食をした父は歯がたたなくて
くんだした(←方言?)そうです
話題は梅仕事
 

まわりのまめな友人たちがみんな

梅仕事にいそしんでいらっしゃる

 

今年は赤シソの発育が遅れているそうなんですが

出回ってきたらいつかはやってみたかった梅干し作りに

いよいよ手を出してみようかと密かに検討中

LOVE配合
 
 

なるほどどうりで美味しいと思ったら

LOVEが含まれていました

 

会いたいなと思っていた大好きな方(ベニシアさんみたいな人)に

久々に偶然会って(これはきっと偶然ではないな?)

はいっ!と手渡されたお手製梅ジャムです

黄色いが美味しい
 

少し間が空いてしまいました

久々の更新です

 

頭の上には常に何か

灰色っぽい色のぼわーんとした大きな布みたいなものが

バサーっと覆いかぶさっているようなそんな感覚がする毎日です

 

と書くと何だか暗そうだけれど

実際のところその大きな布で

懸命に身を守っているんだと思います

多分それは丈夫で使い勝手の良い便利な布です

 

と 灰色のお話はここまでにして

ここからは黄色のお話です

 

一つ目

写真はレモンのスパゲッティー

無添加レモンと削りたてチーズと挽きたてブラックペッパーと

おいしいオリーブオイルさえあればオッケイ

フライパンなしで簡単にできます

これは断然白ワインが呑みたくなります

 

二つ目

学生の時 食通で知られる教授に

先生がよく行かれるお店ってどこですか?と聞いて

教えもらって依頼ずっと憧れていた呑み屋さんへ

そこで呑んだ黄色いお酒(石川県の酒造で菊姫と言ったかな)

木の実のような香りがして美味しかった・・・

 

今日は

美味しい黄色い食べ物呑み物の

紹介でした

ただの粉だったのに
 

先日のこと

お友達に誘われて

料理教室へ行ってきました

 

まず作ったのは

何となく少し照れちゃうメニュー

煮込みハンバーグ

 

先生曰く

作ってあげると

プロポーズされる確率が非常に高い

メニューなんだそう

 

きっと

煮込むってことが

重要ポイントなんだろう

 

呆気にとられるほど

簡単に美味しくできちゃったけれど

これは下手に軽々しく作ってはいけないな

・・と思いました

 

お次は

パン作りにも初挑戦

 

最初はただの粉でしかなかったのに

それをだんだんと自分の手で育てあげていく

という過程が何とも心地よかったです

 

焼きあがったとき

やっぱり自分の子が一番かわいいなと

思いました

 

 

さて

寒い日が続いております

風邪など引かぬようご自愛ください

あの名物が


ふらりと立ち寄った古本屋で

雑誌クウネルのバックナンバーを見つけて

パパッと見繕って何冊かあったうちの2冊を買ってきた

 

家に帰ってから

買ってきたうちの一冊(5年前の発刊)のページを

ぱらぱらめくっていると

ふと一枚の写真に眼がとまった

 

こんな素敵なお店どこだろ?

と思って よくよく見てみると

ショーケースに並んだ“くまたぱん”が

眼に飛び込んできた

 

須賀川名物くまたぱん

たいていは“くま「だ」ぱん”って呼ばれている

 

くまたぱん本舗は

うちのお祖父ちゃんの弟が二代目店主

婿に入り跡を継いで
80歳を超えた今でも現役で工場へ立っている

 

つい先日もうちへ

寄ってくれたばっかり

死んだお祖父ちゃんにお顔が似ているので

会うと何だか懐かしさでほっとする

 

雑誌をコピーしてお店へ届けたら

載っていたことぜんぜん知らなかったみたい

お駄賃にまだ製造途中で砂糖の絡まっていない

焼きたてほっかほかを持たせてくれた

 

好きな雑誌に

くまだぱんが載ったなんて

私にとっては相当うれしな事

(そういえば最近ほとんど初対面の人からクウネルとか好きそうですよね?

とズバリ当てられてしまったばかり…外見でわかるのか??)

 

頂いてきたほっかほか

これもおいしいんだけれど

甘い甘いと言って

砂糖をぼろぼろこぼしながら食べるくまだぱんが

やっぱり一番おいしい

ブルーベリー仕事
 

祖母の畑には
ブルーベリーの木が4本あって
毎年この季節になると
毎日両手に山盛り3つ分ぐらいの量の実が採れます

それを新鮮なまま
ジャムへと化かすのが
私の仕事

いろいろと
趣向を凝らして
今年は

ローズヒップ+ブルーベリー
プルーン+シナモン+ブルーベリー
しょうが+はちみつ+ブルーベリー

の3種を作ってみました
ベースは一緒だけれど
それぞれで違う香りがして
楽しめます

そうこうしているうちに
ジャムの瓶が
どんどん増えていくのが
幸福感