<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最後は神頼み | main | 桜は散りましたが >>
おばあちゃんの料理本


享年89

先月祖母が天国へと旅立ちました

 

先日のこと

祖母が残していった古く薄汚れた料理本を

何気なくめくってみると

一か所だけ折り目の入ったページがありました

 

「大豆と豚肉の煮もの」と書かれたそのページ

中華料理か、、意外だな、と思いました、

祖母はこれを作ったことがあったんだろうか?

少なくとも私の胃袋に入った記憶はありません

 

んーでもこれすごくおいしそう

作ってみたいなと思って(まぁ私なりの供養みたいなもの)

作ってみました

 

おいしかったけど

祖母のイメージとはちょっとかけ離れていて

何だか可笑しかったです

 

人が一人死んでいるというのに

何故だか不思議と幸せを感じることが多くて

これって本当に幸せなことだなと思う

 

祖母は仲の良い友達のような存在だったので

よく一緒に出掛けたりもしました

祖母から教えてもらったことは数知れず、、

ひょうきん者で働き者で頑固者で

ちょっと意地悪なところもあったけれど

今となっては感謝感謝の一言です

 

大豆と豚肉の煮ものは

また作ってみよう

そうだ今度はたけのこも入れてみよう