<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夏らしいこと | main | 夏休みの自由研究 >>
滝平二郎展


街でその展覧会のポスターを見たとき

見覚えのある絵だなと思って

自分の本棚を探してみたら

背表紙に“滝平二郎・絵”とある古い絵本が数冊あって

やっぱり私の記憶はバッチリ合っていたと思った

 

お話の内容はほとんど覚えていなかったけれど

その黒い輪郭線の絵だけは強烈に覚えていたらしい

 

子供の頃に読んでいた絵本の原画を観ることができて

何とも嬉しい限りで感激しながらの鑑賞

 

あまりにストーリーが飛んでしまっていたので

その中の一冊「モチモチの木」を読み返してみたのだけど

そうだった 

私はこういう意気地無しの主人公が出てきて何かを成し遂げる

みたいな話がけっこう好きだったなーと
きっと自分と主人公を重ね合わせていたんだと思う