<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
酒袋×会津木綿の座布団


クラニスムさんにオーダーしていた

丸太椅子用の座布団が届きました

 

加登屋酒店のお茶飲みスペースで使うために

お願いして作っていただいたのですが

もうずっと前からあったかのように馴染んでいます

 

いつも私のわがままに親切丁寧に応えていただき

クラニスムさんには感謝感謝です

一升袋




会津木綿でプロダクトを製作しているクラニスムさんに

お願いして作っていただいた牋貍B沺覆い辰靴腓Δ屬ろ)

 

一升瓶がぴったり入るサイズの手提げ袋です

手や腕に掛けて持ちやすい形状と寸法に仕上げました

一升瓶以外にもワインやその他のビン類、

または筒状・棒状のものの持ち歩きに便利です

工夫次第で様々な用途にお使いください

 

明日24日(日)開催のシトロン秋まつり でも販売いたします

 

【一升袋】

W170×H565mm 綿100% 日本製  3,150

※色柄は現在のところ写真の3タイプとなっております


 
これが実物の状差し


 

ダンボールで試作して

それを図面化したものをお渡しして

KURANISM STOREのエイジさんに作っていただきました

 

大阪の骨董市で見つけてきたネームプレートを

取り付けてそこに「かとや分室」と書いた名札を入れました

思い描いていた通りの理想の状差しです

 

このブログを始めた当初には

空想の中でしか見られなかった状差しが

今こうして目の前にあることが嬉しいです

 

クラニスムのお二人

ほんとは魔法使いなんじゃないか!?

と実は密やかに思っています

 

私のわがままをいつも聞いてくださり

ありがとうございます!

 

この状差しに

これから一体どんな便りが収まって行くのだろう

??

 
三春の紙工房へ
 

爽やかに晴れわたった今日は

ギャラリー観カズヒロ氏と共に

三春の「工房あせりな」さんを訪ねました

 

元々は蚕農家だった民家に手を入れて作った工房と住まい

ナビを頼りに初めて行った場所だったのに

親戚の家に遊びに来たみたいな不思議な感覚がしました

 

作業の流れや材料のことなどを説明していただき

出来上がった紙も実際に見せていただき

単純に無類の紙好き・紙マニアの私にとりましては

冷静を装いつつもかなりな盛り上がりだったわけです

 

この何年かで温めてきた企み事が

ここらでようやく前に進みそうな予感がします

また沸々とアイディアが湧き出てきました

 

この出会いに感謝

よし!

やるぞっ