<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
あぁまつしまや


先日、日本民藝協会のトークイベントを聴講しに

松島まで行ってきました

小学生の頃に行った以来の松島だったけれど

大人になってから行くと感じ方が全く違うことに驚きました

瑞巌寺も五大堂も何だかすごくよかったです

 

 

しかし今となっては猝演梱瓩猟蟲舛辰

いったい何なのだろう

あたまがモヤモヤして止まない、、

猝鰻殄吻瓩浪鬚襪里世韻譴鼻◆

須賀川案内


先日のこと

会津に住む友人とお仕事の打合せをしたのですが

打合せはパパパっと手早く済ませ

友人たっての希望で須賀川市内を案内しました

 

普段行き慣れた場所を思いつくままにぐるっと一巡り

馴染みのお店や見慣れた場所に連れて行って

喜んで貰えるのは嬉しいものだなー

 

友人は、会津と須賀川はどこか雰囲気が似ていると言っていました

きっとどちらも城下町だからかな

写真展と珈琲豆と、
 

福島市へ写真を観に行ってきました

そういえば写真展へ出かけるのは

随分ひさしぶりだったような気がします

偶然のような必然のような…
不思議な写真を見せていただきました

 

それともう一つの目的

満月の夜に焙煎された珈琲豆も手に入れました

月とか太陽とかのパワーってやっぱりあるのかな

ぜんぜん分からないのでちょっと勉強してみます
東京ほぼ満開


昨日一昨日と東京へ

 

東京の空は意外にも澄んでいて

吹く風が心地よくて

人も何だかみんな優しくて

あちこちの桜がほぼ満開を迎えていて

・・・

平和そのものでした

 

さてさて

こちら東北にも桜前線が迫って来ます

気持ちがだんだん騒々しくなってきました

 
小説の世界さながら


トンネルを抜けると雪国であった」

を実体験してきました

 

凄まじい吹雪の中、山形へ

覚悟はしていましたが

日本海側とこちら側とでは全然違いますね

漆のお話会などなど



漆の芸術祭へ再び行ってまいりました

今回の目的は塗師と木地師の対談でしたが

他にも会津の職人の方々のそれぞれの

考えや仕事についてのお話も聴けて面白かったです

 

漆とは関係ありませんですが

博物館では「会津の寺宝」展が開催中で

これがまた見応えあり興味深く観てきました

会津にこれほど沢山のお宝があったとは

・・再認識

 

それから御薬園へも初めて行ったのですが

ここが素晴らしく良かったです

薬草茶とごま羊羹をお土産に

(前に知人から頂いて美味しかったので)

 

昼にいただいたのは今年初の新蕎麦

福島には美味しい蕎麦屋さんが沢山あって嬉しいです

だから福島県人は蕎麦には大体うるさいのですよ

 

何度も申し上げているのですが

会津は本当に何度行っても新しい発見がありますな 

ぶらりぶらり会津


BOOK!BOOK!AIZUと

漆の芸術祭が開催中の会津へ

行ってまいりました

 

いま会津では

次期の大河ドラマ「八重の桜」効果で

徐々に盛り上がってきているようです

 

漆の芸術祭は

11月にビッグなお二人の対談があるので

また行くつもりです

猛暑一時曇り


今日は携帯電話の天気予報が

「猛暑一時曇り」となっていて予想最高気温が35度

見たこともないどす黒いような赤色の晴れマークが呈される中

福島市まで行ってきました

 

バテては行けないと思い

まずは自然食のお店で健康的なお昼を摂りました

梅醤という身体によさそうな飲み物も補給し万全の態勢でいざ!

 

県立美術館での「ベン・シャーン展」

最終日の今日にギリギリ駆け込み観てきました

一部自身によって撮られた写真がインクジェットプリントだったり

絵もパネル展示だったりが残念に思いましたが

良いものを観れたという感じはしました

 

それからアンナガーデン

西田記念館での「WE LOVE KOKESHI!」展

も観てきました

 

こけしと言ったら昔から馴染み深い存在ですので

(祖母はある理由から毛嫌いしていますがその他家族全員こけし好き)

こんな風に注目されるのは嬉しいものです

 

帰りに紙漉きのアキエさんのところへも

寄ってきました

ちょうど「かご市」開催中でウズウズした挙句

古いもの何点か求めました(とんだ悪い病気です)

 

梅醤という飲み物のおかげで

暑さに弱い私も何とか乗り切った本日でした

 
工人まつり
 

ふるさと会津工人まつりへ行ってきました

朝5時起きで9時のオープン前に現地到着

雨振りだったのでカッパ持参で戦闘態勢もバッチリ

早起きはするものです

お目当ての籠ざる関係良いもの求めることができました

 

しかしなんでまぁ女の人というのが

籠やらざるやらがやたら好きなのは一体何故なのでしょう

一緒に行った友人は去年も山ほど買って帰ったというのに

また今年もおんなじように買っていました

籠屋が開けそうだと満足そうでしたけど・・・

 

お買いものをだいたい終えてひと休み

ほたての炊き込みご飯 山菜の天ぷらなど

しみじみ美味しかったです

 

混雑してきたので早々に退散

帰宅後あらもう帰ってきたのと母

工人まつりの模様をお昼のニュースで観て

突然あけびの蔓のバッグが欲しくなり

買って来てもらおうと思っていたのにと・・・

一体いくらすると思っているのだか・・・

 

でもやはりどうも女の人は籠が好きなようであります

 

携帯・カメラ忘れ写真なし

会津→喜多方→郡山
 

気持ちよく晴れました今日は

またまた会津方面へ

クラニスムスタジオのトモミさんと

ご一緒させていただきました

 

まずは会津木綿の織元へ

糸が干してある風景がとてもきれいで

トモミさんはアートみたい!と言っていました

 

木造平屋建ての工場内には古い織り機や道具

壁には「整理整頓 雑言厳禁」の文字

何だか無性に心ときめくものがありました

 

それから喜多方へ移動し

最近オープンした食堂にて遅いお昼ごはん

細い路地を通って玄関の戸をガラガラと開ける

その感じが隠れ家のようで素敵なお店でした

 

そして

郡山の傘屋さん、ギャラリーでの打合せなどしているうち

すっかり夜が更けていきました

 

トモミさん一日お疲れさまでした

新しいものが生まれる瞬間に立ち会えて

それがとても楽しいと思えた今日でした